HOME>技術情報

技術情報

コンピュータオンモジュールのメリット

・コンピューターオンモジュール (Computer On Module)
・システムオンモジュール (System On Module)

とは
PC/AT機能が実装された、CPUモジュール基板です。また拡張BusとしてISA Bus/PCI Bus/PCIe Busが実装されており(ライナンプにより仕様は異ります)、キャリーボードの設計によりユーザー固有のI/Fを実装する事が可能です。 その他I/Fとして、EtherNET/USB/PATA or SATA/FDD or LPT/液晶I/Fが実装されています。
メリット
・省スペースな(フレキシブルな基板のデザイン)ユーザーシステムの構築が可能
・ユーザー独自の回路が実装可能
・CPU部の設計が必要ないため、開発期間の短縮
・小ロットでの生産が可能。
・ISABus PCIBus PCIeBusにより、あらゆるデバイスを拡張する事が可能
・DC単一電源での動作が可能(キャリーボードの設計によります)
・RTOS WindowsXPe WindowsCE のような組み込み用OSと相性が最適
・コネクタレイアウトも、現行のシステムに合わせることができる

ラインナップ
・COM-Express(125×95 (mm))
  ( VGA/LCD/Audio/LAN/USB/IDE/SATA/LPC PCIe × 16/PCIe × 1/PCIBus )
*詳細は仕様は、製品データーシートまたは、弊社までお問い合わせ下さい。
・SOM-ETX(114×95 (mm))
  ( VGA/LCD/COM/IDE/USB/keyboard/Mouse/Audio/LPT PCIBus/ISABus )
*詳細は仕様は、製品データーシートまたは、弊社までお問い合わせ下さい。
・SOM-144(100×68 (mm))
 

( VGA/COM/IDE/USB/keyboard/Mouse/Audio PCIBus/ISABus )

*詳細は仕様は、製品データーシートまたは、弊社までお問い合わせ下さい。


top